国内・海外から仕入れたマジック・手品グッズも多数販売!

検索
新着商品
全商品一覧
2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
今日
第66回 Blackpool Magic Conventionに出店のため、ネットショップ発送業務を休ませて頂きます。
2018年 03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
SEO MAGIC USA

トップ > Monthly Magic Lesson > チルチルエース by野島伸幸

チルチルエース by野島伸幸

製造元 : mML
価格 : 1,800円(税込1,944円)
数量
 

10,800円未満は600円、10,800円以上は送料無料

かごに入れる
野島伸幸・新シリーズ始動!ワンコンセプトシリーズの第1弾!
3つの作品を繋げて演じられるコンセプチュアル・ルーティン!

ここがポイント!

野島伸幸によるワンコンセプトDVDシリーズの第1弾。
新創案の独自技法やプロットを核として毎回1つずつ提示。
それに基づく複数の手順や様々なアイデアをまとめて紹介する…
そんなシリーズです。

すなわち、テーマを決めて深堀りしつつも、完成形の「作品」としてはやや幅広く
ちなみに、内容としては「根本的に」新しい、ユニークなものばかりです。
「掘り方」だけでなく、核となる「テーマ」自体に、既に独自性があるわけですからね。
すべてがオリジナル志向で貫かれた、クリエーター野島伸幸による新DVDシリーズです。

思えば野島の前作「C3」も、1つのコンセプト(新テクニック)を核とした作りでしたが…
今回からのシリーズは、もう少しコンパクトに、さらに絞り込んだ内容でお届けします。
いわば「ミニ作品集」的な分量で、よりライトな、気軽に見られるものを目指しました。

ぜひ、お楽しみくださいませ。

何ができるの?
今回の内容は「チルチルエース」
基本コンセプトは「散る」ということ。
デック内でカードが別々の場所に「散り」、そして「散った先」で特定のカードが見つかる、という構成です。

シンプルビジュアル、そしてロジカル
3つの作品が提示されますが、3つを連続させて1つの長大なルーティンとして演じることも可能です。
「メイトメーカー」「チルチルエース」「スーパーチルチルエース」の3作。
以下、詳しくご紹介いたしましょう。

どんな内容?
メイトメーカー
観客が選んだカードを、ひっくり返してデックに差し込みます。
その隣のカードを見ると、メイトのペアができています。

軽いタッチの「メイト出現」トリック。
数十秒ほどでスピーディーに現象が起こるので、つかみには最適です。
一連の「ひとつの動作」で全てが完結する、スムーズな流れに注目。
マジシャンなら必ず知っているであろう基本的な原理・手法を使っていますが…
あまりにもテンポが良すぎて、マニアでも困惑させられてしまう可能性があります。

なお、この作品には「散る」要素こそありませんが…
リバースカードをデックに入れ、それが「仲間のカード」を探し出す点で、以下に紹介する作品と共通しています。
「道具の導入」「観客心理の条件付け」など、いくつかの点で連続手順の冒頭部に最適なので
今回ご紹介させていただきました。

チルチルエース
2枚のエースを表向きにして、一緒にデックの中に入れます。
これは、観客がカットした場所に入れるのです。
2枚のエースが、デックの中央1箇所に隣り合って入っている状態を確認したのもつかの間…
次の瞬間、広げてみると、エースはデック内で、2箇所ばらばらの場所に飛び散っています
そして、それぞれの場所(隣)のカードを公明正大に抜き出して、見てみると…
残り2枚のエースが現れ…結果的に、フォアエースが揃います。

表題作。
メインルーティンと言ってよいでしょう。
分かれて別々の場所に行き、それぞれの場所でターゲットカードを捕まえる、という展開は、分離・分散現象に理由(目的)があるため、とても理解しやすい流れです。
目的のカードを見つけるために、カードがあちこち探し回るイメージすら湧きます。
すなわち、デックの中で、カードが自由自在に動き回れるという印象を与えるのです。


スーパーチルチルエース
4枚のエースを一緒にデックの中に入れますが、広げ直すと4箇所に飛び散ります
それぞれの隣のカードを抜き出すと、4枚のキングが揃います。
「チルチルエース」のコンセプトを4枚に拡張した、ノックアウトバージョン
デック内の「小宇宙」の広がりを感じさせる、ユニークなエフェクトです。

こんな方にオススメ!
野島自身は、上記3つの手順を連続させたルーティンとして演じていますが、必ずしもそれにこだわる必要はありません。
それぞれを独立した作品として、単発ないし他の手順と組み合わせて使用するなど、
好きなようにお使いください。

特に3番目の「スーパーチルチルエース」に関してはやや難易度が高いので、難しいと思われる方は、最初の2つだけで演じても良いでしょう。
また、その流れから別のマジックに繋げるアイデアも、参考として紹介しています。

━…━…━…━…━…━…━…━…

コンセプト的にユニーク「チルチルエース」
なにか、特定の「カードたち」が「意思を持って」別のカードを探しに出かける、というようにも見えます。
一緒にいた仲間が、別れて、ちりぢりになって、別々の場所にたどりつき、そこで、それぞれが目的のものを見つける…
即物的な「現象」というよりは、現象そのものに、既に「物語性」が内在されているわけですね。
さらに、繋げて演じる場合は、さらにそれを二重に「かぶせて」いくわけで…
ある種、壮大な「ロマン」すら感じる流れとなっています。

メイトを見つけ出す以外にも、カード当て(2枚ないし4枚のセレクションを探し出す)にも演出できますし、あるいは、色も数も別々の2枚(ないしバラバラの4枚)が、それぞれのメイトを探すという演出にもできます。
エースがキングを探すのでなく「キングがクイーンを」に変えるだけでも、よりストーリー性を持たせられます。

手法的にもユニークで、類を見ないような方法論が使われています。
ベースとした技法も、やや珍しいものですし、その使い方が独特です。
その意味でも応用の可能性を感じる、研究し甲斐のある作品群となっています。

■商品内容・・・演技解説DVD