国内・海外から仕入れたマジック・手品グッズも多数販売!

検索
新着商品
全商品一覧
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
ラスベガスで開催されるMAGIC LIVEに参加のためネットショップ発送業務を休ませていただきます。
国内出張のため、ネットショップ発送業務を休ませていただきます。
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
SEO MAGIC USA

トップ > Monthly Magic Lesson > ワイルド・プレディクション byゆうきとも

ワイルド・プレディクション byゆうきとも

ワイルド・プレディクション byゆうきとも ワイルド・プレディクション byゆうきとも
ワイルド・プレディクション byゆうきとも ワイルド・プレディクション byゆうきとも
拡大画像
製造元 : mML
価格 : 2,824円(税込3,050円)
数量
 

10,800円未満は600円、10,800円以上は送料無料

かごに入れる
あの名作がさらに進化!まさに実践派のためのワイルドカード!
予言を盛り込んだ絶妙な流れは必見!平木圭一氏の手順も収録!

●ワイルド・プレディクション(ゆうきとも)

裏に予言が書かれた名刺を、テーブルに置いておきます。
7枚のトランプから、観客が指定した枚数目のカードを抜き出します。
(数字の選択は完全に観客の自由で、1枚目や7枚目でも構いません)
名刺の裏を見ると、選ばれたカードの名前が、間違いなく書かれています。

ここで鋭い観客は、マジシャンが他のカードの表を見せていないことに気付きます。
そんなめざとい観客に、マジシャンは「もしかしたら『全部同じカードなんじゃないの?』と思ってらっしゃいますか?
じつはその通りなんです!」
そう言ってパケットを表向きに示すと、なんと、確かに残りは6枚とも同じカード!?
…ではあるのですが、同じと言っても、選ばれたカードとは違うのです!
つまり、先ほど選ばれたカードだけが、たった1枚の「予言と合うカード」だったのです。
「他のカードが選ばれたらどうするか、今日は特別にその秘密をお教えしましょう」
マジシャンは、その6枚を順に、選ばれたカードと同化するように変化させていきます
最終的に6枚すべてが変わると、7枚の「予言と合う『同じカード』」が出来上がります。
「こうすれば、どれが選ばれても大丈夫なんですね」

●ひらきのワイルドカードルーティーン(平木圭一)

ボーナスルーティンとして、知る人ぞ知る研究家、平木圭一氏の手順も紹介!
こちらは9枚バージョンのワイルドカード。
よりオーソドックスな手順と言えますが、まず凄いのが「あらため」
マニアでも「え、そこで見せられるの?」などと思わず引っかかってしまいます。
多くのマジシャンのさまざまな手法を研究した上で構築した手順。
ハンドリング的に、優れたエッセンスが詰まっています。



ワイルドカードは、パケットトリックの隆盛をもたらすきっかけとなった名作の1つ。
これまでにも多くのバリエーションが作られてきましたが…
「ゆうき流」に調理された今回の作品は、その中でも最もプロフェッショナルな手順の1つでしょう。
まず最初の着眼点は「それだけでできる」こと。
セットアップされたパケットと予言(名刺など)のみで、コンパクトに行えます。
もっとも、原初的なワイルドカードは単独のパケットトリック(単純に変化現象を見せる)だったわけですが…
「特殊なもの」(同一カードの束)を取り出していきなりディスプレイするのもかなり唐突ですし、また、その後に変化させる理由も希薄であるため、最近ではデックを絡めて演じるのが一般的になっています。
つまりは「選ばれたカード」というところで意味を担保しよう、という方向性です。
しかし、実践の場では、道具が増えれば増えるほど、それだけ面倒になるもの。
演じやすさを考えると、単独のパケットだけで行えた方が手軽であり、圧倒的に便利なのです。
また、デックからカードを選ばせるところだけが「手続き」的に見えて浮いてしまうケースなども。

そこで今回の手順では、パケット単独で行えて、その中だけで意味を成す演出世界を構築。
パケットの「外」ではなく「中」でカードを選ばせ、それがカード構成として自ずと現象となる、という巧妙きわまりない着想が、「ワイルド・プレディクション」の核心です。

さらに、サカートリック風の現象に仕上げてありますので、観客の反応は上々。
不思議さだけでなく笑いの要素もあって、抜群の面白さです。
なお、さらにサカー要素を強めた「劇薬バージョン」の演出も紹介していますよ!
演技に自信がある方は、こちらもチャレンジしてみてください。

そして、予言の「第1段」に続いて「本編」のワイルドカードに続くわけですが…
こちらの手順も、独特のカード構成によるもの。
そして、緩急を押さえた「ゆうきタッチ」の見事なハンドリングが堪能できます。
また、前段の予言の「タネ明かし」的な演出も、観客の興味をそそるところ。
じつにスムーズな流れで、絢爛たるワイルドカードの世界に見る人を引き込んでいきます。

ちなみに、平木氏の手順に、この予言の「第1段」を加えて演じることもできます。
解説されていますので、オーソドックスな構成でも、この2段構成の演出が楽しめます。

平木圭一氏は、アンダーグラウンドでは有名な研究家ですが、あまり表に出たがらない方なのです。
魔法修行 の第5号「メンタルブリーズ」という作品が紹介され、これはその後、 商品化もされました。
今回のワイルドカードルーティンも、お楽しみいただけるものと思います。

使用するパケット用具を完全セット
2つの手順が両方とも行える特殊カード、パケットケースも付属しています。

また、これもパケットシリーズの特長ですが、mML仕様の詳しい解説DVD、さらに解説の冊子も添付。
技法に関してもきちんとフォローしていますので、安心してお買い求めください。
例えば「コンボカウント・ゆうき流バリエーション」なども詳しく解説。
一般的なやり方に比べて、圧倒的にやりやすくなっていますよ!

名作ワイルドカードを、アレンジされた最新・最良の手順で。
プロマジシャンの有力なレパートリーを、ぜひマスターしてください。

■商品内容
・特殊パケットのセット(バイシクル赤裏仕様・パケットケース付き)
・演技/解説DVD
・解説冊子