国内・海外から仕入れたマジック・手品グッズも多数販売!

検索
新着商品
全商品一覧
2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
イタリアで開催されるコンベンションに出店のため、ネットショップ発送業務を休ませていただきます。
韓国で開催されるコンベンションに出店のため、ネットショップ発送業務を休ませていただきます。
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SEO MAGIC USA

トップ > Monthly Magic Lesson > カズ・カタヤマのステージ・サロンマジック入門講座 第5巻

カズ・カタヤマのステージ・サロンマジック入門講座 第5巻

製造元 : mML
価格 : 3,600円(税込3,888円)
数量
 

10,800円未満は600円、10,800円以上は送料無料

かごに入れる
純白のロープに奇術師が紡ぎ出す、結び目という名の結晶…!
シリーズ第5弾。美しきロープマジックの世界にご案内します!

カズ・カタヤマ氏によるステージ・サロンマジック入門講座の第5巻
今回は「ロープ入門・結び目編」と題しまして、ロープマジックの基礎固めをしつつ、様々なテクニックや作品を学んでいきます。

このシリーズは毎回各巻ごとにテーマを決めてお届けしていますが、そのテーマの立て方にもカタヤマ氏の工夫が現れています。
前回(第4巻)は「パーム編」として、いわゆる「素材(によるジャンル分け)」ではない切り口で攻めてきましたね。
その中で、マニピュレーション全般の基礎となる技法・技術を学びました。
今回は、その基礎技法(パーム)をも多少踏まえつつ、また話を「素材」的な角度・視点に戻して進めています。

これは、縦軸と横軸を意識的にクロスさせて、より重層的・立体的・構造的にマジックを把握・認識していただこうという試み。
二軸を捉えれば平面座標となるので、プロッティングとして、ある程度全体の中での位置づけが見えてきます。
それにより、細部に関しても、より深い理解ができるのです。

ただ、繰り返しになりますが、当シリーズは、通しで見ていただくと価値がより高まるとはいえ、興味あるところから単巻でご覧いただいても、なんら問題がないように作られているのが良いところ。
今回は「ロープ」がテーマであり、ロープマジックのテクニックやアイデア、作品を盛り沢山に詰め込んでおりますので、ロープマジックの世界に多少なりとも興味がある方は、ぜひご覧いただきたい内容です。

ここがポイント!
カタヤマ氏も述べられていますが、ロープマジックは「粋(いき)な芸」
華やかさはありませんが、まさに「いぶし銀」の魅力を持っています。
渋い芸です。
噛めば噛むほど味が出る、そんな、通(つう)好みのマジックと言えるかもしれません。
ちょっと説明させてください。

一般論で言うと、マジックは、ある意味では入門者に優しい「芸」だという側面があります。
仕掛けがある「道具」が売っていたりして、解説どおりに行えば、比較的すぐにできてしまうものも多くあります。
それを買ってきて2、3回試してから人前で見せるだけで、結構「大うけ」したりします。
要は、たいした「芸」がなくても「タネの力」である程度ウケが取れるわけです。
これは、例えば「楽器の演奏」などの他の芸事と比べていただくと、いかに楽かということが分かると思います。
これこそがまさにマジックの「魔力」であり、それはそれでマジックの1つの「強み」でもあります。
「人前で見せる」ということの最初のハードルが、著しく低いのです。
ただ、当然ですが、ずっとそれで良いわけはありません
その上のレベルを目指さないことには、進歩がありません。
最初は物珍しさから注目されても、同じレベルのことを続けていては、すぐに飽きられてしまいます
新しい「ネタ」を見せてもウケない…それはネタのせいではありません。
また、誰でもできるようなことでは、到底、感動を呼ぶことはできません。

「道具」がウケているのではなく「あなた」がウケているのだ…
他の誰でもなく、ほかならぬ「あなた」が演じるからこそウケているのだ…
そういうように、ステップアップしていかなければなりません。
それこそが、まさに「芸」を見せるということに、ほかならないのです。

ちょっと想像してみてください
1人のマジシャンが、舞台に登場する。
手には1本のロープ
ただそれだけで、他には何もなく、舞台にも道具ひとつない。
そのロープをハラリとたらし、観客の視線を集めて…
最終的には、ロープ1本だけ大観衆を沸かせて、去っていく。
どうでしょう?
これこそ、まさに「芸の力」をまざまざと感じる瞬間ではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、そんな世界。
その入り口です。
マジックにはもちろん華やかさも重要ではありますが、華やかであれば良いというものでもありません。
シンプルな形に集約することによってしか、見えてこない世界もあります。
小説ではなく俳句で表現するような世界。
絞り込まれたものの方が、「芸」を感じやすいのです。
特に日本には「わび」「さび」などの概念が昔からあり、それとの相性が良いのは、こういった世界。
単純さの中に、深みがあり、味わいがある。
風流・風情を感じる。
これを、カタヤマ氏は「粋」の一言で、粋に表現されています。

ロープマジックの基礎として「結び目」編、というのは「オヤ?」と思われる方もいるかもしれませんが、ある意味ではこれが、ロープマジックの、1つの究極の形でもあるのです。
3本ロープでもなく、リンキングロープでもなく、たった1本のロープで。
ロープ切りマジックではハサミを使いますが、それすらも使わず、本当にロープ1本だけで見せる「芸」。

結び目の出現・消失・移動・増加…
一瞬で複数の結び目を作る、とか、しっかりと結んだはずが、なぜかほどけてしまう、など。
その中で、様々な「結び目技法」も学んでいきます。
巧妙なシークレットムーブもあれば、フラリッシュ的な「格好良い」テクニックまで。
ロープ1本で、こんなことができるのか、という感動を覚える内容です。
ぜひご覧くださいませ。

また、好評の「ステージマジック基礎講座」では、前回の「綺麗な立ち方」に続いて「舞台での歩き方」を紹介しています。
ステージでは、登場する時のイメージが大変重要。
その、冒頭の第一印象は、歩き方で決まります
もちろん、登場・退場だけでなく、ステージ内で移動する時にも必要です。
普通に歩けばよいわけではありません
舞台ならではの所作がありますので、ぜひ、学んでください。

どんな内容?
****************************************************************************************
第5巻:ロープ入門 結び目編
****************************************************************************************
●ロープについて
使用するロープについて
マジックに適したロープの材質や太さ、色などについての説明。
ロープの端の処理・保管方法
端部の「ほつれ止め」加工法を2種類解説。また実践的な保管方法を紹介。
ロープの扱い方・結び方
ロープを扱う際における、演技上の基本的な注意点。結び方の基本所作。

●様々な結び方
瞬間結び1
瞬間結び2(ジョセフ・H・フライズ/カズ)
ロープに一瞬で結び目を作る方法、2種。
その1はシルク入門でもご紹介した、両手を合わせてまた広げると中央に結び目が現れている方法。
その2は、両手を合わせずに片手の操作で結び目を作るやりかたです。
ワンハンド・ノット
この動作、シルクでは有名ですが、ロープでも使えます。
若干アレンジした方法です。
ウイリアムテル・ノット
ロープの輪の中に、端を「弓矢のように」射通して結び目を作る、見事なフラリッシュノット。
ダブル・ノット1(C.D.オエロフ)
ダブル・ノット2
ダブル・ノット3(カズ)
一つの動作で2つの結び目が同時にできる…普段見ることはないので、とても奇妙に見えます。
原理・方法の異なるやり方をいろいろと紹介。
ヒンズー・ノット
ロープを手に巻きつけてから外すだけで、たくさんの結び目が一気に作られます。
さらに、作られた結び目を一気に解いてみせる方法も紹介。

●解ける結び目
ノット・ノット(Tony Lopilato)
解ける結び目の作り方としては比較的有名ですが、便利な方法です。
消える蝶結び1(G,W,ハンター)
消える蝶結び2(ジェラルド・ロー)
いわゆる「ハンター・ノット」。
超結びにさらに紐を通すと、絡んで解けなくなる…ように見えますが!?
「蝶を捕まえる」「靴紐が解けなくなる」などの演出にものせやすい動き。
その2のほうは何度も絡ませる方法で、到底解けるとは思えないのがミソ。
二重の結び目(シェファロー)
いわゆる「シェファローの結び目」の基本を詳しく解説。
「本結び」にさらに端を絡ませていく、と見せて、実際には解除してしまう原理。
本当に絡まって解けないように見える、優秀な方法です。
フォールス・ノット
引くと解ける結び目(スリップノット)。
これを普通に結んだのと外見上変わらないように、目の前で結んで作ります。
結び目のマジックでは最も基本となる技法の1つといえます。

●結び目に関するマジック
結び玉と輪の作り方
ロープからスライドして外れる「ニセの結び目」と、直径10センチほどのロープの輪。
以後の手順で使用するこれらの作り方を解説しています。
取れる結び目1
取れる結び目2
取れる結び目3
取れる結び目4
ロープに作った結び目が取れてしまう現象。
固く結んだ結び目が「結び玉」として取れたり、ゆるく結んだ結び目が「輪」として取れたり。
方法原理の異なるやりかたを複数紹介します。
フリップ・ノット
振るだけでロープの端部に結び目が現れます。
それを解きますが、再び現れます。
やさしく行えて効果的なトリック・スタントです。
三つの結び目(クリストファー)
一瞬にして3つの結び目が現れ、そのうちの1つが移動して取れてしまいます。
飛び移る結び目(クリストファー)
結び目の移動現象ですが、全身で表現する大きな見せ方で、舞台ばえする作品です。
移動する結び目1(テイテルバウム)
移動する結び目2(サルバノ/カズ)
結び目が観客の目の前で移動する現象。
不思議さも十分ですが、意外性と見た目の面白さから笑いが起こる楽しい作品です。
その2では、何の準備もなく行えるテクニカルな方法を紹介。
片手で密かに結び目を作ってしまう「ワンハンド・フォールスノット」の解説を含みます。
結び目がいっぱい(カズ)
あれよあれよという間に結び目が増えていくオリジナルルーティン。
結び目をテーマにしたマジックのクライマックスに最適です。

…━…━…━…━…━…━…━…
【ステージマジック基礎講座5】 舞台での歩き方
好評の連続企画、基礎講座のコーナーです。
前回の「立ち方」に続いて、今回は「歩き方」。
皆さんは普段、自分の歩き方を意識したことはありますか?
舞台に立つということは、日常とは違う世界に足を踏み入れること。
「歩き方」レベルの日常動作でも、舞台の上ではルールがあり、基本があるのです。
人に見られることを前提にした美しい歩き方を学びましょう。

こんな方にオススメ!
「用具は小さく、演技は大きく」というプロ使用の観点からも、実用的。
コンパクトな用具で舞台をも制することができる点では、レパートリーとして重宝するでしょう。

特に今回収録された内容は、ロープ切りなどと異なり、ロープを消耗しません
一度用意したら、繰り返し使用できます
(もちろん、カードは消耗品、と言うのと同じレベルでは、ロープも消耗品となります。
その辺りも、抜かりなく解説しております)
ロープマジックは、比較的至近距離でも演じることができますので、これまでクロースアップマジックしか
演じてこなかった方
にも、比較的入りやすい分野だと思います。
シンプルなだけに、演技力・表現力が求められる、奥深いロープマジックの世界。
現象きちんと観客に伝えるため見せ方、アピールの仕方、そして視線や表情による表現、といった重要な点を
学び取ることができる、貴重なレッスンです。
ぜひあなたも、この機会にご研究いただいて、演技の腕を磨いてください。

もちろん「ライナーノーツ」付きです。

■商品内容・・・DVD