国内・海外から仕入れたマジック・手品グッズも多数販売!

検索
新着商品
全商品一覧
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017 ワンデーコンベンションin姫路に出店のため、ネットショップ発送業務を休ませて頂きます。
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
SEO MAGIC USA

トップ > 全商品一覧 > ゆうきとものスリーフライ・ルーティーン

ゆうきとものスリーフライ・ルーティーン

価格 : 4,630円(税込5,001円)
数量
 

10,800円未満は600円、10,800円以上は送料無料

かごに入れる
3色のポーカーチップで行う、ゆうきとものペットルーティーン!
比較的やさしくできるスリーフライを完全解説!
ボーナス手順も!

何ができるの?

ゆうきとも氏スリーフライ・ルーティーン「フリーフライ」を徹底解説!
解説DVDと、演技に使用するポーカーチップ用具付でお届けします。

ここがポイント!
「スリーフライ」は、クリス・ケナー発案のプロットであり、コインズアクロスをフィンガーチップ(指先)に見える状態で行おうというもの。
これは従来、卓上という横平面を基本フレームとしていたコインマジックを縦型スクリーン状のフレームで見せるようにした点で、コインマジックの世界に一種のパラダイムシフトをもたらした作品の1つです。
スタンディングで行う現代コインマジックのスタイルはここからはじまったといっても過言ではないほどで、歴史の転換点といえる名作です。
見た目としても非常にビジュアルで、ショッキングなマジックです。

とはいえ、従来のコインズアクロスは、テーブルにコインを出してディスプレイしてそれを握り直したりといった動作にかこつけて秘密の操作を行っていたので、スタンディングでこの現象を行うこと自体がそもそも方法的に難しく、ディスプレイやテクニックのスタイルが根本的に従来と異なることもあいまって、「スリーフライは難しい」とあきらめてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

難しいとされるマジックを手の届くマジックに変貌させる第一人者といえば、ゆうきとも氏をおいて他にありません。
今回も、その魔法のような手腕を遺憾なく発揮されています。

今回公開するのは、ゆうき氏が「自分が演じるために」やりやすく構成したもの。
プロが実際に演じている、決定版といえるスリーフライの手順です。
先人のアイデアをさまざま取り入れながら、比較的やさしく行えるように手順・方法を組んであります。
数あるスリーフライの手順の中でも、もっともやりやすい手順だと思いますので、ぜひ皆様、チャレンジしていただきたいと思います。
3色のポーカーチップで演じる、視認性を高めたバージョン。
すぐに練習し、すぐに演じられるように、ポーカーチップもセットにいたしました
そして、指先のテクニックのみならず、重要な視線によるミスディレクションタイミングといった細部の見せ方にいたるまで、詳しく解説。
これであなたも、スリーフライが演じられること間違いなしです。

さらに、ゆうき氏は、本体となる「スリーフライ」を核として、その前後にオープニングシークエンスと、クロージングシークエンスを加え、3段構成になるように一連のルーティーンを構築。
これにより、現象的にもよりバラエティーに富む、見ごたえのある演技となり、同時に最初のエキストラの導入、最後のエキストラの処理も可能にしてスタートクリーン・エンドクリーンとなるようにしています。
この頭脳的に構成された3段のルーティーン「フリーフライ」の全貌をすべて明らかにしています。

━…━…━…━…━…━…━…━…

加えてポーカーチップを使ったおまけの手順も3作品収録
テーブル上で行う、「ノーエキストラのチンカチンク」mMLスタッフ今西章による絶妙なハンドリングなども収録していますので、チンカチンク系に興味がある人にとってはそちらも面白いと思います。
そのほか、そういったテクニカル系とは趣の異なる予言系のトリックなども収録しています。


どんな内容?

●フリーフライ(ゆうきとも)
今回のメインとなる、スリーフライを核とした3段構成のルーティーン。

第1段
オープニングシークエンス。
3枚の色違いのポーカーチップを使って演じる「三角(トライアングル)交換現象」。
ポケットに入れた1枚と目の前の1枚がまず交換し、続いてもう1枚が…というように、息つく暇なく連続で変化現象が起こる、ビジュアルで効果的な手順。
なお、以前に「The Trick Is Not Enough〜SFマジックフェスティバル・コレクション7!〜」という冊子で、この第1段部分のみを「フリーフライ」の名で発表していますが、映像での解説は初です。

第2段
メインディッシュと言える「スリーフライ」のゆうき氏によるハンドリング。
3枚のポーカーチップが、1枚ずつ、左手から右手に目の前で飛び移っていきます。
この間、一切チップを手に握り込むことなく、指先に見えたままです。

第3段
クライマックスとなるクロージングシークエンス。
3色のうち、1枚をポケットにしまいますが、残り2枚を手に握ると、ポケットに入れた1枚と入れ替わってしまいます。
その1枚が、再度2枚に分裂して入れ替わり、最後の1枚も指先に出現してクライマックスとなります。
2対1の交換現象をベースに、飛行現象も交えた、ダイナミックな演技で最後には手に3枚のポーカーチップしか残りません。

●ボーナスマジック

チップスター(ゆうきとも)
トランプのマークが4つデザインされたコースターを使った予言トリック。
なお、このトリックはmML143号で「4つのマーク」としてご紹介したものとほぼ同一です。

チンカチンク103(今西章)
四角形に並べたポーカーチップに手をかざすと、チップが移動して
一箇所に集まります。
ノーエキストラで即興的に演じられるので、覚えておくと重宝します。
小物であれば、ポーカーチップ以外のものでも演じられます。
観客から借りたものでもOK。

RGBプレディクション(南部信昭)
3色のチップを、3色のシールが貼られたカードに乗せてもらいますが、その位置が予言されています。
比較的単純な現象なので、一般の観客にはウケるマジックです。


こんな方にオススメ!

スリーフライを演じてみたいと思われていた方。
現代風コインマジックのルーツやハンドリング、手順構成に興味がある方。
ポーカーチップを使って、目先を変えたい方。
ボーナス手順には、誰でも簡単に行えるマジックも含まれています。
初心者から専門家、研究家の方まで!

■商品内容・・・実演・解説DVD1巻、「フリーフライ」に必要なポーカーチップ4枚セット、「チップスター」に必要なポーカーチップ1枚、「RGBプレディクション」に使用するカード3枚、3色ステッカーなど
(※添付のポーカーチップは必ずしも映像で使用しているものと同じであるとは限りません)